ちんこの様子がおかしい【よくある性病の症状を徹底解説】

ちんこの様子がおかしい【よくある性病の症状を徹底解説】

性病

生活の中でちんこが痛い、かゆい、変な出来物ができているといった症状に悩まされる可能性は男性なら誰にでもあります。特にコンドームを付けずにセックスをした後、上記のような症状が出てきたら要注意です。多くの性病はコンドームの着用で未然に防げますが、着用しなかった場合は性病に感染するリスクも高まります。

性病の中には生死に関わる重篤な病もあります。そのため、これくらいの症状なら特に問題ないだろうといった自己判断は非常に危険です。今後セックスする相手に病気を広めてしまう可能性もあります。

この記事では、おしっこの痛みやできものなど、性病によくある症状を具体的に解説していきます。似通った症状のものも多く、どの病気か判断がつきづらいものもあるため、迷ったら医療機関を受診することをおすすめします。

おしっこの痛みは性病に気づくきっかけになりやすい

おしっこの痛みを感じるときは尿道炎の疑いがあります。尿道炎は、おしっこの痛みと尿道から粘り気の少ない膿などが出てくる症状が出ます。 尿道炎の主な原因となる細菌はクラミジアと淋菌です。

尿道炎は原因となる細菌によって、痛みの度合いや潜伏期間が異なります。クラミジアが原因の「クラミジア性尿道炎」は1~3週間の潜伏期間を経てゆっくりと症状が出るうえ、おしっこのときの痛みも弱く、発症に気づきにくいです。

淋菌が原因となる「淋菌性尿道炎」は、3~7日の潜伏期間で急激に症状が出始めます。おしっこのときの痛みが強く、クラミジア性尿道炎に比べて発症に気づきやすいです。

この2種類の尿道炎のうちクラミジア性尿道炎は、女性が感染すると子宮外妊娠や不妊症の原因にもなり得ます。男性が発症に気づかないまま女性と性行為をして、感染を広げてしまうことも考えられる病気です。感染の予防にはコンドームの使用が有効とされています。

性行為の後、感染を疑うような症状が出たらすぐに医療機関を受診しましょう。パートナーが居る場合はすでに病気をうつしてしまっている可能性もあるため、同時に検査を受けることをおすすめします。

しかし、おしっこの痛みは進行した前立腺がんや、カフェイン、アルコールのアレルギーなどでも引き起こされます。必ずしも性病が原因とは限らないので注意が必要です。

尿道からなんか出てきたときの性病の疑い

尿道から尿や精液以外の液体が出てくるのは、性病の主な症状の一つです。出てくる液体は病気によって臭いや粘度もさまざまなため、検査をしなければどの病気か見分けるのも難しいとされています。

先に述べたクラミジア性尿道炎や淋菌性尿道炎では、それぞれで出てくる液体の特徴や量が変わってきます。以下で症状を比較していきましょう。

淋菌性尿道炎は膿を含んだ大量の液体が出てきます。クラミジア性尿道炎は液体の量も少なく膿も含みません。淋菌性尿道炎とクラミジア性尿道炎は併発していることもあるため、両方の検査をする必要があります。

上記の尿道炎以外にも、感染すると尿道から膿などを分泌する病気があります。「ライター症候群」と呼ばれる病気で、発熱、関節炎、尿道炎、結膜炎といった症状が出ます。性病ではなく、他人に感染することもありません。

この病気は自己免疫疾患のひとつであり、自己免疫疾患とは、体を守るはずの免疫が自分の体を異物と認識して攻撃してしまう病気のことを指します 。原因がわかっておらず、発症することもあまり多くない病気です。

性病にかかったのかどうかを判断する上で大事なのは、普段の生活で感じたことのない違和感があるかないかです。病院受診の一つの目安として覚えておくと良いでしょう。

ちんこの皮膚が変になる性病の種類

性病には、ちんこの皮が赤く変色したり、水ぶくれができたりするものがあります。代表的なものを男性に見られる症状を中心に確認していきましょう。

梅毒

「梅毒」は性器や粘膜にできた傷などから、梅毒トレポネーマと呼ばれる細菌が侵入して感染します。 傷口周辺の皮が固くなり、やがてただれて潰瘍を作ります。この症状は「硬性下疳」ともいわれ、梅毒の初期症状としてよく見られるものです。

軟性下疳

「軟性下疳」は軟性下疳ウィルスが引き起こす性病で、豆粒大の赤いしこりが特徴です。やわらかく、つぶれると潰瘍ができるほか、患部に触れると痛みを伴います。

性器ヘルペス

単純ヘルペスウィルスへ感染して起こる「性器ヘルペス」は、性器周辺に赤い発疹や水ぶくれの症状が発生します。一度感染すると身体の中にとどまり潜伏するため、再発しやすい病気です。

性病性リンパ肉芽腫

「性病性リンパ肉芽腫」は痛みを伴わない赤みを帯びた小さなぶつぶつが出てきます。ぶつぶつ以外に目立った症状がないので、病気に気づかないケースもあるようです。

性病以外でのちんこの皮膚の病気

性病以外でも、ちんこの皮膚に異常が出ることがあります。具体的には、ベーチェット病や帯状疱疹などがあげられます。

ベーチェット病

「ベーチェット病」は痛みを生じる潰瘍ができる病気です。陰部の異常だけでなく、目の炎症や口内炎などの症状も現れます。原因不明とされ、個人によって症状の出る部位も異なります。

帯状疱疹

「帯状疱疹」は水痘帯状疱疹ウイルスが原因の病気です。発症すると身体に帯のように広がる赤いぶつぶつが見られます。

上記のような症状で皮膚に異常を感じたら、必ず皮膚科を受診しましょう。

ちんこにできものができる性病の種類

性病に感染することで、ちんこの周りにできものが出てくる場合があります。セックスのあとに気になるできものができた場合は、病院で検査をするのがおすすめです。具体例をいくつか見ていきます。

扁平コンジローマ

「扁平コンジローマ」は梅毒に感染したときに体に現れる症状です。灰色や白色といった色をしたできもので、梅毒感染から3か月程度で現れ始めます。後述する尖圭コンジローマと病名が類似していますが、異なる病気です。

尖圭コンジローマ

「尖圭コンジローマ」は黒色や茶色のできものが出てくる性病です。数ミリくらいの大きさをしており、亀頭などに現れます。できものが徐々に大きくなっていくのも特徴です。できもの以外に目立った症状が出ないことが多いとされています。

フォアダイス

尖圭コンジローマと症状が似ているものに「フォアダイス」があります。ちんこを包む皮の部分に発生する脂肪でできたぶつぶつで、尖圭コンジローマと違い性病ではありません。

ボーエン様丘疹症

「ボーエン様丘疹症」は5ミリほどの黒いできものを生じる性病です。自然治癒する病気とされていますが自己判断は禁物です。疑わしい症状が見られる場合は医療機関を受診しましょう。

性器伝染性軟属腫

「 性器伝染性軟属腫」は別名を『水いぼ』とも呼ばれ、できものの中身には白色で粘性の高い液体を内包しています。水いぼは子どもに多い病気ですが、大人の男性でも性器周辺に発生することがあります。いぼの中身に触った手で皮膚を触ることで感染が広がり、他人にうつる可能性のある病気です。

陰茎がん

男性は「陰茎がん」も性器の皮膚に発生します。高齢者に多く、数ヶ月かけてできものも大きくなっていきます。

まとめ

主な性病の症状と、似た病気について解説しました。性病の中には病気になっても自覚症状のほとんどない「HIV」などもあります。HIVに感染すると免疫機能に異常が起こります。

免疫は身体を細菌から守る働きで、正常に働かないとさまざまな病気にかかりやすくなります。また、HIVはウィルスを身体の中から完全に取り除くことができず、薬でウィルスの増殖を抑えることしかできません。感染の疑いがあるなら、早期に検査することが肝心です。

性病は場合によって、今後の生活にも深く影響してきます。他人がどのような病気をかかっているかは判断できないことも多いです。自分が性病に感染していれば、パートナーにも危険が及びます。

身近な人を守るためにも、性病には気をつけましょう。この記事が、病院を受診するときの参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました