仮性包茎に関して最初に押さえておくべき基本事項

仮性包茎についての基本事項

仮性包茎の基本事項を知る前に、包茎の種類を説明します。
大きく分けて仮性包茎や真性包茎、関東包茎の3種類があることが特徴です。
症状については基本的には仮性包茎が最も軽くて、真性とカントンの順に症状が重くなっていくと言われています。

少年から大人になるにつれて体の成長と共に男性器も大きくなることが特徴であり、やがて子孫を繁栄するために性交渉するために男性器がひつようになるのです。
陰茎部に血流が流れて海綿体が膨張することにより屹立して勃起状態になり、性交が出来るようになります。
この時に陰茎部の亀頭部分を包んでいる包皮が外側に押し出されることにより、スムーズに性交が行えるようになるのです。

仮性包茎は通常時には亀頭部分が皮で覆われている状態であり、勃起状態や指などを使えば皮が剥ける状態になります。
真性包茎は勃起時にも亀頭部が完全に露出しない状態であり、カントン包茎は包皮の長さが不足して勃起痛が起こるケースです。

仮性包茎の基本事項について補足情報

仮性包茎は包茎の中では比較的に症状が軽い状態であり、日常生活も性交渉も問題なく行えることが特徴です。
男性器は最初は包皮で覆われていることが特徴であり、大人に成長するにつれて包皮が剥けるようになってゆきます。
少年時代は基本的に全ての男性が包茎なのです。

個人差があり大人になっても包皮に覆われている状態の男性もおり、前述したように指で外側に押したり勃起時に亀頭が露出するのが仮性包茎になります。
陰茎が性交渉に十分な硬さになる程度で包皮が外側に剥けるので、性交に関して不足することはありませんが見た目の問題などをコンプレックスに感じて、泌尿器科や専門クリニックで包茎手術を行う人も少なくありません。

最初は誰しもが包茎ですが、成長に伴い男性器も成熟を迎えます。
何らかの原因や遺伝で包茎のままであり、勃起をしても亀頭部が露出せず射精障害を起こしたり、鬱血などになる状態の包茎は手術を行わなくてはいけません。
とくに結婚後に子供をもうけたい場合などには必要になることがあります。

まとめ

仮性包茎は男性のコンプレックスの中で上位の位置を占める、代表的な性の悩みになります。
加齢と共に勃起不全や前立腺の肥大など、性に関する悩みも増加してゆくのです。
男性器をコンプレックスにする人は多くおりますので、悩みを抱えているのは自分だけではないと認識して悩みを解消するために診察を受けることがおすすめになります。

包茎の治療は泌尿器科などで行われることも、専門のクリニックで行われることもあるので、評判を確かめてから診察を申し込むことがおすすめです。
大半は日帰りで外科手術を行えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です